> > スマホやEVに電力供給する「ワイヤレス給電市場」 2025年には673億円規模に

スマホやEVに電力供給する「ワイヤレス給電市場」 2025年には673億円規模に

 印刷 記事を保存

富士経済は、機器に非接触で電力を供給する「ワイヤレス給電モジュール」と環境中に存在するエネルギーを電気エネルギーに変換する「エネルギーハーベストモジュール」に関連する国内市場の調査結果を報告書「ワイヤレス・エネルギー伝送関連技術の現状と応用展開 2013」としてまとめて発表した。同報告書で、2025年の「ワイヤレス給電モジュール市場」は2012年比96.1倍の673億円、「エネルギーハーベストモジュール市場」は34億円に拡大すると予測している。

■ワイヤレス給電モジュール市場

同市場のキーデバイスは、「電磁誘導式」「磁界共鳴式」「電界結合式」「マイクロ波式」。応用製品は、ワイヤレス給電が採用されている、スマートフォン、EVPHV、タブレット、サーフェイス給電システム、AGV(無尽搬送車)、埋め込み型ペースメーカーなど。

2013年の市場は前年比14.3%増の8億円。市場が顕在化しているのは「電磁誘導給電モジュール」。2014年頃から「磁界共鳴給電モジュール」、2016年頃から「マイクロ波給電モジュール」が立ち上がる。

(※全文:2,092文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.