> > 日産「リーフ」に自動運転機能 東京モーターショー2013で公開

日産「リーフ」に自動運転機能 東京モーターショー2013で公開

記事を保存
日産「リーフ」に自動運転機能 東京モーターショー2013で公開

日産自動車は、11月23日より東京ビッグサイトで一般公開される「東京モーターショー2013」に、自動運運転技術を装備した「日産リーフ」に加えて、「ニッサン ブレードグレイダー」「e-NV200」「日産ニューモビリティコンセプト」「日産リーフ エアロスタイル」の全5台の電気自動車(EV)を出展する。

「日産リーフ」は、日産の自動運転技術を装備。同社は、2020年までに自動運転技術の実用化を目指すことを発表している。これは、「ゼロ・エミッション」と並び同社の開発の重要な目標の一つである「事故ゼロ」に向けた取り組みの1つのゴールで、2020年以降、幅広いモデルラインナップに同技術を搭載することを目指している。

「ニッサン ブレードグライダー」は、航空力学に着目し、先端の細い超音速機とグライダーにインスピレーションを得たフォルムにより、極限まで空気抵抗を軽減しつつ、コーナリング&加速性能と省電費の両立を実現した次世代EV。同車は、「日産リーフ」と、来年のルマン24時間レースでデビューする予定のレーシングマシン「Nissan ZEOD RC」と持続可能性のための技術開発の価値を共有している。

「e-NV200」は、小型商用車「NV200」をベースにした日産の二番目の電気自動車。EV特有の加速性と静粛性をあわせ持ち、走行時の二酸化炭素排出はゼロ。排気ガスを一切出さず屋内での走行にも適している。2014年度半ばに販売を開始する欧州、同年度末までに販売を開始する日本を皮切りに、グローバルな市場投入を図る。

「日産ニューモビリティコンセプト」は、全く新しいスタイルとデザインの超小型EV。日本では、すでに自治体と共同で、新しいモビリティのあり方を探る取り組みが始まっている。横浜市における、日本初の大規模なワンウェイ型超小型EVのカーシェアリング「チョイモビ ヨコハマ」では、10月のサービス開始以来、2,700名の会員が登録している。

「日産リーフ エアロスタイル」は、「日産リーフ」のデザインをよりスタイリッシュにしたモデルで、日本市場で間もなく発売される。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.