> > KDDI、茨城県の受信所跡地で初のメガソーラーを稼働

KDDI、茨城県の受信所跡地で初のメガソーラーを稼働

記事を保存
KDDI、茨城県の受信所跡地で初のメガソーラーを稼働

KDDIは、メガソーラープロジェクトの第一弾として、短波通信中継を担っていた旧北浦受信所跡地(茨城県行方市)において、同社として初となるメガソーラーの稼働を11月18日より開始したと発表した。

同社は、クリーンで安全な再生可能エネルギーの普及・拡大により環境負荷軽減に貢献するため、2013年度より、国内の社有遊休地を活用し、年間約11,000MWh(一般家庭約3,100世帯分)規模のメガソーラープロジェクトを開始する計画だ。

本プロジェクトでは、国内3ヵ所の遊休地の一部を活用して太陽光発電設備を建設し、発電した電力は「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を利用して電力会社に販売する。

今回、稼動を開始した旧北浦受信所跡地のメガソーラーは、その第一弾。発電容量は約2,000kWで、年間推定発電量は約2,600MWhを見込む。敷地面積は約78,000平方メートル、今後、KDDI小山ネットワークセンター(栃木県小山市)において発電容量約3,500kW、年間推定発電量約4,000MWhのメガソーラーを、KDDI八俣送信所(茨城県古河市)において発電容量約4,500kW、年間推定発電量約4,500MWhのメガソーラーの発電を順次開始する予定。

同社は、メガソーラープロジェクトによるCO2排出量削減への寄与を通して、通信設備の維持・運用等に多くの電力を利用する通信事業者としての責務を果たすとともに、災害等に対応し得る多様な電源調達の確保に向けたノウハウの蓄積等を図っていく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.