> > アウトランダーPHEV、日本カー・オブ・ザ・イヤー「イノベーション部門賞」受賞

アウトランダーPHEV、日本カー・オブ・ザ・イヤー「イノベーション部門賞」受賞

記事を保存
アウトランダーPHEV、日本カー・オブ・ザ・イヤー「イノベーション部門賞」受賞

三菱自動車は、ミッドサイズSUVのプラグインハイブリッド車(PHEV)『アウトランダーPHEV』が、日本カー・オブ・ザ・イヤー(2013―2014)の「イノベーション部門賞」(環境、安全その他の革新技術を持つクルマ)を受賞したと発表した。同製品は、「プラグインハイブリッドEV システム」を搭載している。

日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は受賞理由として、プラグインハイブリッドとSUVの利点を巧く融合させた点や、燃費・走行性能を高レベルで両立した点、EVのレンジエクステンダーにおけるデメリットが解消されたことを評価したほか、大容量電力アウトプットができ、自ら充電もできる点が秀逸であるとしている。

同社は、今後も電動車両技術のリーディングカンパニーを目指しながらCO2削減に貢献したいとしている。

プラグインハイブリッドEV システム

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.