> > 長野県の屋根貸し太陽光発電事業、発電開始 官民協働で約1MW

長野県の屋根貸し太陽光発電事業、発電開始 官民協働で約1MW

 印刷 記事を保存

長野県は、昨年度、公募した県有施設の屋根貸し太陽光発電「おひさまBUN・SUNメガソーラープロジェクト第一弾」で事業者に認定された岡谷酸素(長野県岡谷市)が建設を進めていた「岡谷酸素太陽光発電所SUWACOLabo」の発電開始式を12月3日に開催する。

同発電所は、全国初の下水処理施設屋根を活用した約1MWの屋根貸し太陽光発電所。民間事業者が実施する太陽光発電公開試験場としては、全国最大規模。

12月17日には、一般向けの発電所見学会を開催。発電所の設備と発電状況の見学など現場視察と工事担当者との情報交換を行う。参加希望者は、12月13日までに申込みが必要。先着50名。資料代1人500円。

(※全文:556文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.