> > 50kW未満クラスの産業用太陽光発電システムに20年の長期保守サービスが登場

50kW未満クラスの産業用太陽光発電システムに20年の長期保守サービスが登場

記事を保存
50kW未満クラスの産業用太陽光発電システムに20年の長期保守サービスが登場

日立コンシューマ・マーケティングは、産業用太陽光発電システム低圧50kW未満クラスにおいて独自の安心保守メニューとして、20年長期保守サービス「Hi-Safe20」を、同社でシステム設計・施工した顧客向けに販売を開始した。

「Hi-Safe20」は、顧客の発電・稼働状況をネットワークで遠隔監視するとともに、同社サービス網と高品質製品を生かした「見守りサービス」「充実した保守」「長期保証・補償・保守」の「3つの安心」で顧客の発電リスク・ロスを最小化する。

「見守りサービス」では、常時発電モニタリングにより、適正な発電量や、パワーコンディショナの運転状態を365日常時モニタリングするとともに、異常を感知した際は、素早く復旧に対応する(平日9:00~17:00)。また、年1回の発電レポート発行する。

「充実した保守」では、4年ごとの定期点検実施(引渡し後 1年・5年・9年・13年・17年の計5回)を実施する。全国のサービス拠点より保守員が訪問するほか、パワーコンディショナ不具合時には、素早く代替機で対応する。

「長期保証・補償・保守」では、「発電補償」「災害補償」「パワーコンディショナ保守」「周辺機器保証」を20年とした。「発電補償」では機器不具合に起因する故障により発電停止が発生した場合に一定金額を補償する。「パワーコンディショナ」は引き渡しから10年間はメーカー保証で、11~20年目を保守対応とし、部品代もしくはパワーコンディショナ本体の金額は有償となる。なお、「周辺機器保証」の範囲は架台、接続箱(直流集合盤、交流集合盤)、ケーブルが対象となる・

同社では本サービス開始を第一歩として、顧客とのさらなる信頼関係を構築するため、今後は太陽光発電システムの保守にとどまらず、「建物まるごと」ワンストップサービスを中心として新環境事業を拡大し、付加価値の高い事業展開を推進していく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.