> > 太陽光発電用「お掃除ロボット」 カメラ搭載、軌道不要の自律走行タイプ

太陽光発電用「お掃除ロボット」 カメラ搭載、軌道不要の自律走行タイプ

記事を保存
太陽光発電用「お掃除ロボット」 カメラ搭載、軌道不要の自律走行タイプ

シンフォニアテクノロジー(東京都港区)は、業界で初めて、カメラおよび各種センサを搭載し、自律走行により太陽光発電パネルの清掃作業を行う「太陽光パネル自動清掃装置」を開発したと発表した。

本装置は可搬型スタンドアローンタイプで、軌道が必要なく設置工事も不要。本装置を利用することで、メガソーラーなどで多くの人手を介して行われている太陽光パネルの清掃作業の大幅削減を可能とした。

本装置の外形サイズは、縦530×横700×高さ173mm、重量は15Kg。他にはない特長として、装置には洗浄水タンクを搭載しており、清掃方法としては噴射ノズルから洗浄水を散水し、回転ブラシとワイパーで清掃を行い、能力は毎時100平方メートルまで清掃する。

ゴム製キャタピラーのゴムクローラにより走行し、高い走行能力を有する。登坂能力は5度~30度(雨天時等のウェット面では20度)、パネル間隙間50mmまでの走行も実現し、段差も±30mmまで走行可能。走行はカメラ画像によってパネル表面の線を認識し、合わせて、各種センサによる位置検出および位置補正を行うため、誘導線等の軌道を付設する必要もなく、また、独立したシステムによるスタンドアローンタイプなので設置工事も不要。

また、無線機能を搭載し、PC、タブレットから装置の洗浄水切れ、バッテリー切れ等の状態監視のリモートモニタリングが行われ、バッテリーが切れた場合は清掃地点の最下点で待機する機能となっている。電源をOFFしてもメモリに位置を保存しており、交換後、元の位置から清掃を再開する。

バッテリーは着脱できる交換式(交換時間約5分)で、満充電で6時間駆動する。予備充電済みバッテリーを使用することで、充電待ち時間なし作業が継続でき、赤外線LED搭載により、発電に支障をきたさない夜間での作業も可能となる。

シンフォニアテクノロジーは、発電機器、プリンタ、航空宇宙電装品等の製造を行う電子精密メーカー。2009年4月、(旧)神鋼電機より社名を変更した。同社では、グループ企業であるシンフォニアエンジニアリングが太陽光発電事業者への保守・メンテナンスサービスを行っており、全国で多くの実績がある。そのルートに加え、国内のみならず海外に向けても、今回開発した「太陽光パネル清掃装置」の優れた特徴を積極的にアピールし、今後さらなる需要が求められる太陽光発電設備の保守メンテナンスサービス事業の拡大を目指す計画だ。

再生可能エネルギーの普及・拡大を目的に、昨年7月1日より再生可能エネルギーの固定価格買取制度が施行されたことにより、1MWを超えるメガソーラー(大規模太陽光発電施設)が増えている。一般的に太陽光パネルは、ほこりや水垢、砂などによって表面が汚れることにより、発電効率が最大約5%低下する場合があるといわれており、これは1MW当たりでは年間約100万円の損失にあたる。また、これ以上に定期的な清掃作業にかかる人手と手間、費用は今後、発電事業者にとって大きな負担となるといわれている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.