> > 楽天、宿泊施設向けに「割安な電力を選んで供給する」新サービス

楽天、宿泊施設向けに「割安な電力を選んで供給する」新サービス

記事を保存

楽天は、ホテルや旅館など宿泊施設向けに、電気の使用状況に応じて最適な電力を調達し電気料金の低減を実現する新たな「電力マネジメントサービス」を12月1日より開始すると発表した。

楽天はこれまで、電気料金の値上げや電力需給ひっ迫などの課題に対し、デマンドレスポンスの推進やBEMS(ビルエネルギー管理システム)による見える化の推進など、楽天トラベルの契約施設を中心として、需要側での電気の効率的な利用を推進するサービスを提供してきた。

本サービスでは、エネルギーサービスを手がける部門「楽天エナジー」が顧客に代わって電力の需給契約者となり、エネルギーデータを分析、その上で既存電力会社(一般電気事業者)、新電力などから最適な電力を調達し、従来よりも安価な電気を提供する。

なお、顧客のニーズに応じて100%再生可能エネルギーだけで作られたグリーンな電気を提供することも可能で、楽天エナジーが整備するプラットフォームを通じて多彩な選択肢を提供する。

また、継続的なコンサルティングによるエネルギーコスト削減、さらにトラベル事業を展開する楽天ならではの施設の売上アップに繋がる施策により、施設の収益改善を実現する全体的なエネルギーの最適化を図っていく。

楽天は、これまで宿泊施設向けに実施してきたエネルギー利用の最適化サービスのマーケティングを通じて得られたエネルギーデータを分析した。その結果、各施設における設備改善などの部分最適化の取り組みだけではなく、根本的な電力契約の見直しも含めた全体最適化がより有効であることが判明したという。

また、電力を含めた施設のエネルギー利用は施設稼働率と強い相関関係があり、その判断指標として、施設側からは楽天トラベルが提供するオンライン宿泊予約サービスとの連携に対する強いニーズが存在することも明らかになった。

一方で、国内の電力マーケットにおける新電力(特定規模電気事業者)のシェアは依然として低迷しているため、どの電力会社がどのような電気を供給できるのかは、ユーザーからはわかりづらい状況が続いており、電力システム改革の実現には、欧米諸国で見られるように電力マーケット自体のさらなる活性化が必要であることもわかった。

以上の観点から、楽天エナジーでは電力マーケットの活性化、電力自由化を推進すべく、新たなサービスとして「電力マネジメントサービス」を開始し、顧客が電気を選べる時代を推進していく。

楽天は、昨年7月に「楽天ソーラー」を立ち上げ、太陽光発電システム蓄電池EV用充放電設備などの販売および会員制サービスの「太陽マイレージクラブ」などを一般家庭の顧客向けに提供している。また、本年6月には各種事業を再組成し、「楽天エナジー」として、法人向けのデマンドレスポンスなど、デジタルエナジー事業を推進している。

今後は、国の推進する電力システム改革を実効性のあるものとし電力マーケットの活性化を実現すべく、「ITとエネルギーの融合」の観点から、顧客の多彩なニーズに応えることができるプラットフォームの整備、さらにはエネルギーデータ分析を通じて楽天グループとのシナジーを推進し、コスト競争力があり、付加価値の高い新たなエネルギーサービスを展開していく。

なお、「電力マネジメントサービス」は、年明けに開催される「楽天トラベル新春カンファレンス」において詳しく紹介する予定。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.