> > リチウムイオン電池部材の世界市場、2013年は伸びず

リチウムイオン電池部材の世界市場、2013年は伸びず

 印刷 記事を保存

矢野経済研究所は、リチウムイオン電池(LiB)用主要4部材(正極材、負極材、電解液、セパレーター)の世界市場に関する調査結果を発表した。これによると、2013年のLiB用主要4部材世界市場規模は、前年比101.4%の49億7,965万ドルの見込み。国別の動向では、正極材・セパレーターは日系メーカーが優位だが、負極材・電解液は中国メーカーが優位な状況にある。調査結果の概要は以下の通り。

LiB主要4部材世界市場の概況と予測

2012 年の世界市場規模は、前年比 105.4%の49億1,088万ドルと推計。スマートフォンやタブレットPCの普及によるモバイル機器市場の拡大及び xEV(HEV・PHEVEVなどの次世代自動車)の世界販売台数が増加したことを受け、出荷は順調な伸びを見せた。

2013年は、小型民生用LiBではモバイル機器が、中大型LiBではxEVが引き続き牽引役になると考えられるが、xEV市場は期待した規模には至っておらず、メーカー間の競争激化、車載向け需要に期待した過剰な設備投資が部材単価の下落要因になっている。為替変動による影響もあり、市場規模は前年比101.4%の49億7,965万ドルに留まる見込み。

(※全文:1,475文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.