> > 産総研、被災地3企業の再エネ関連技術の性能評価を支援

産総研、被災地3企業の再エネ関連技術の性能評価を支援

 印刷 記事を保存

産業技術総合研究所は、東日本大震災の被災3県に所在する企業が開発した再生可能エネルギーに関連した技術シーズに対する性能評価を支援するプログラムにおいて、3件の実施テーマを採択したと発表した。

産総研は、政府の「東日本大震災からの復興の基本方針」および「福島復興再生基本方針」を受けて、再生可能エネルギーの技術開発から実証までを行う福島再生可能エネルギー研究所を福島県郡山市に平成26年4月に開所する。

この研究所のミッションの一つとして、産業集積と復興への貢献を掲げている。「被災地企業の技術シーズ評価プログラム」は、東日本大震災の被災3県(岩手、宮城、福島)に所在する企業が開発した再生可能エネルギーに関連した技術シーズに対する性能評価を産総研が経費を負担して実施し、その成果の当該企業への移転を通じて、地域における新産業の創出を支援する事業。

今回、平成25年度事業の二次公募として、平成25年9月9日(月)~10月7日(月)までの期間、公募申請を受け付け、課題審査委員会にて審査を行った結果、3件の実施テーマを採択した。4.来年度も引き続き評価対象となる課題の公募を行う予定。

今回採択したテーマは下記の通り。

(※全文:文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.