> > 三井物産、メキシコで160MWの風力発電事業に参画 同国2件目

三井物産、メキシコで160MWの風力発電事業に参画 同国2件目

記事を保存
三井物産、メキシコで160MWの風力発電事業に参画 同国2件目

三井物産はメキシコのオアハカ州で風力発電事業に出資参画すると発表した。仏大手再生可能エネルギー発電事業会社の子会社EDF EN Mexicoより、同州で建設中のサント・ドミンゴ風力発電事業(発電容量160MW)を手がける会社の株式の50%を取得した。

本事業の総事業費は50億メキシコペソ(約380億円)。本件は既にプロジェクトファイナンスを組成済で、2014年4月の商業運転開始を見込んでいる。発電した電力は15年間の売電契約に基づき、Arcelor Mittal Lazaro Cardenas(製鉄世界最大手の現地子会社)、Walmart Mexico(小売業世界最大手の現地子会社)の大手民間企業2グループに供給される。

三井物産は2013年2月よりビイ・スティヌ風力発電所(メキシコ)をEDF EN Mexicoと折半出資しており、2件目の協業案件となる。

発電所所在地

発電所所在地

EDF EN Mexico(EDF EN Mexico S. de R.L. de C.V.)は、仏大手再生可能エネルギー発電事業会社EDF EN(EDF Energies Nouvelles S.A.)の子会社。今回、三井物産は、EDF EN Mexicoよりサント・ドミンゴ風力発電事業を推進するEoliatec del Pacífico, S.A.P.I. de C.V.の株式の50%を三井物産投資子会社MITRE Mexico(MIT Renewables Mexico, S.A.P.I. de C.V.)を通じて取得した。

EDF ENグループは、欧州及び北米17カ国で持分発電容量6,358MWの再生可能エネルギー発電資産を保有している他、全世界で8,000MW以上の再生可能エネルギー発電資産の運営・保守サービス実績を有している。

三井物産は、総発電容量でメキシコ第2位のIPP事業者であり、天然ガス焚きコンバインドサイクル(複合火力)発電所6カ所に出資参画している。また、メキシコにおいてはこれら発電事業に加え、ガスパイプライン事業、LNG受入ターミナル事業、メキシコ国内主要都市でのガス配給事業、製油所向け廃水処理事業や自治体向け上下水道事業を運営し、多様なインフラ事業基盤を構築している。

メキシコでは引き続き堅調な電力需要増加が予想されており、同社は重点地域の一つと位置付けている。同社は世界各国で展開する発電事業の知見と、メキシコにおける既存事業を通じた知見・経験を活かし、同国での発電事業の基盤強化を目指すと共に、電力供給安定化と低炭素社会インフラの整備に貢献していく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.