> > 青森県のメガソーラーに195億円のプロジェクトファイナンス

青森県のメガソーラーに195億円のプロジェクトファイナンス

記事を保存
青森県のメガソーラーに195億円のプロジェクトファイナンス

日本政策投資銀行(DBJ)は、双日グループが青森県上北郡六ケ所村で計画しているパネル容量71MWのメガソーラー事業に対し、総額195億円のプロジェクトファイナンスを組成したと発表した。

本メガソーラー事業は、双日が新むつ小川原の保有するむつ小川原開発地区内の土地で計画しているもので、東日本において最大級の太陽光発電所となる。着工は2014年4月、運転開始は2016年末を予定している。

本件プロジェクトファイナンスは、再生可能エネルギー固定価格買取制度に基づく東北電力への売電収入を返済原資としており、コ・アレンジャーである三菱東京UFJ銀行とともに、青森県および近隣の地域金融機関(青森銀行、みちのく銀行、岩手銀行、秋田銀行、北洋銀行)を協調融資行として、東北地方における再生可能エネルギーの活用促進を支援するもの。

DBJは、企業理念に基づき、再生可能エネルギー普及につながる顧客の取り組みを今後も積極的に支援していく考えだ。

双日は、これまでドイツで展開してきた太陽光発電事業(合計発電容量24MW)に加えて、国内では本件をはじめ、北海道斜里郡、愛知県知多郡、熊本県球磨郡の4カ所にて、プロジェクト総事業費約350億円、パネル容量合計106MWのメガソーラー(大規模太陽光発電)事業を計画している。これにより、再生可能エネルギー発電事業の基盤構築を目指すとともに、事後開発・運営ノウハウの蓄積を図っている。

また、メガソーラー事業では、事業ごとにプロジェクト・ファイナンスによる調達を予定しており、同社の100%出資にて設立する各事業会社が運営を担う計画だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.