> > 福島県相馬市、市有地における太陽光発電事業者を募集

福島県相馬市、市有地における太陽光発電事業者を募集

記事を保存
福島県相馬市、市有地における太陽光発電事業者を募集

福島県相馬市は、市内山上字菖蒲形地区の市有地(約63ha)を活用して再生可能エネルギー事業太陽光発電事業)を行う事業者の募集を開始した。

対象事業者は、法人または複数の法人等で構成する連合体。特別目的会社(SPC)を設立する予定の場合は、SPCの設立時期、応募者とSPCの関係、SPCの出資団体及び経営方針などを明確にすること。工事着工時期は平成26年度中。

募集は公募型プロポーザル方式で実施。企画提案の内容は、メガソ-ラー事業実施のための企画、資金調達、設計、建設並びに管理運営等。希望事業者の参加登録受付期間は1月17日まで。

同市有地は、水源地である宇多川上流域に位置し、かつて民間業者が所有、産業廃棄物処分場の建設計画があった場所。市は産廃処分場建設反対運動を行って用地を取得し、メガソーラー事業用に貸与することにした。

【参考】
相馬市 - 「相馬市太陽光発電(メガソーラー)事業」設置運営事業者を募集します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.