> > ホンダが壁掛け式の電気自動車用普通充電器を開発 床工事が不要

ホンダが壁掛け式の電気自動車用普通充電器を開発 床工事が不要

記事を保存
ホンダが壁掛け式の電気自動車用普通充電器を開発 床工事が不要

ホンダは、壁掛け式で床工事が不要な、電気自動車(EV)プラグインハイブリッド車(PHV)用普通充電器「HEH55」を開発したと発表した。

HEH55は、設置工事に要する時間も短く、既存の駐車場に容易に設置することができる。また、通信ネットワークによる課金サービスやICカード認証に対応している他、いたずら防止用ガンロック機能などといった安心のロックシステムを装備。

太陽光発電との連系によるクリーンな充電も実現しており、発電量に応じた充電電流の制御や停電時でも電動車両への充電が可能。さらに、Wi-Fi通信によって、スマートフォンなどの端末で充電状況がリアルタイムで把握できる充電情報表記機能を備えている。

ホンダは、電動車両充電インフラの設置推進および電動車両の普及促進を目的として、HEH55を開発した。このHEH55について、「アコード プラグイン ハイブリッド」と合わせて、1月に開催される「第6回[国際]カーエレクトロニクス技術展~カーエレ JAPAN~」(15日~17日、東京ビッグサイト)、「ENEX2014/Smart Energy Japan 2014」(29日~31日、東京ビッグサイト)、「彩の国ビジネスアリーナ2014」(29日~30日、さいたまスーパーアリーナ)に出展を予定している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.