> > アンフィニジャパンソーラーなど、石川県に15.8MWのメガソーラー建設

アンフィニジャパンソーラーなど、石川県に15.8MWのメガソーラー建設

 印刷 記事を保存

アンフィニジャパンソーラー(大阪府堺市)は、子会社である合同会社石川第八発電所(大阪府大阪市)が、石川県羽咋郡宝達志水町に15.8MWのメガソーラーを建設すると発表した。売電開始日は平成27年12月を予定している。

アンフィニジャパンソーラーは、メガソーラーに関連した事業及び太陽光発電システム・オール電化システム等を製造販売する事業を手がける。同社は、仮設機材のレンタルビジネスを手がけるエスアールジータカミヤ(大阪府大阪市)と共同で出資する合同会社石川第八発電所を通じて、これまで計3件の太陽光発電所を完工し、売電を開始している。

今回、石川第八発電所は石川県宝達志水町と太陽光発電所の開発事業及び建設計画に係る協定書を締結し、あわせて宝達志水町土地開発公社と太陽光発電所の用地確保のための土地売買予約契約を締結した。

(※全文:937文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.