> > 栃木県のゴルフ場遊休地にメガソーラー 従来通りプレーも可能

栃木県のゴルフ場遊休地にメガソーラー 従来通りプレーも可能

記事を保存
栃木県のゴルフ場遊休地にメガソーラー 従来通りプレーも可能

オリックスグループのオリックス・ゴルフ・マネジメント合同会社(OGM)は、運営するゴルフ場「ディアレイク・カントリー倶楽部」(栃木県鹿沼市)の遊休地に、最大出力約2,540kWのメガソーラーを完成させ、昨年12月25日に稼動を開始したと発表した。

このメガソーラーの設置場所にはプレーゾーンが含まれないため、ゴルフ場は従来通りの営業を行ないながら売電を行うことが可能。OGMではこれまで埼玉県および奈良県のゴルフ場において、自社施設内での利用を目的とした太陽光発電を行っているが、売電を目的とした太陽光発電は今回が初の取り組みとなる。

ゴルフ場「ディアレイク・カントリー倶楽部」

ゴルフ場「ディアレイク・カントリー倶楽部」

本メガソーラーは、ディアレイクCC内の遊休地を活用して昨年6月から建設に着手。敷地面積は約6万1,700平方メートル(約18,700坪)。ソーラーパネルの枚数(10,360枚)や出力量は当初の計画通り。年間の予想発電量は約240万kWで、一般家庭の約700世帯分の年間電力消費量に相当する電力量が確保できる予定。事業主体はOGMで、施工は東京エネシスが担当した。

OGMはゴルフ場41カ所のほか、練習場2カ所、インドアスクール1カ所の44施設を運営する。OGMでは、ゴルフ場事業は自然との融合が不可欠であると考えており、今後も条件次第で自社運営施設として同様な取り組みを行っていく考えだ。「先進」「安定」「満足」の企業理念のもと、「1日を、大切にするゴルフ場へ。」をサービスブランドに掲げ、さらなるサービス向上に努め、より一層愛されるゴルフ場を目指すとしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.