> > IDECとシュナイダーエレクトリック、兵庫県に3基のメガソーラーを完成

IDECとシュナイダーエレクトリック、兵庫県に3基のメガソーラーを完成

記事を保存
IDECとシュナイダーエレクトリック、兵庫県に3基のメガソーラーを完成

制御機器メーカーのIDEC(大阪府大阪市)と仏電機メーカー傘下のシュナイダーエレクトリック(東京都港区)は、プロジェクトを組み、兵庫県神崎郡福崎町と神戸市西区において、メガソーラーを完成させ発電を開始した。

また、神戸市西区では、もう一つのメガソーラー(発電規模2MW)も完成させており、関西電力との連系後の発電開始に向け待機中となっている。

兵庫県福崎町のメガソーラーの発電規模は2MW+700kW(一般家庭:約700世帯分)。敷地は47,635平方メートル。昨年12月19日に発電を開始した。神戸市西区のメガソーラーの発電規模は2MW。敷地は約25,000平方メートル。1月23日に発電開始した。

両社は電気・制御機器分野の技術・製品において20年以上にわたるパートナーシップを構築し、両社間での高い相乗効果に基づく、高品質な製品・サービスを顧客に提供してきた。国内の再生可能エネルギー分野「太陽光発電」においても、互いの技術力および製品力の融合を図り、効率的なソリューション提案を行っていく計画だ。

今回、完成したメガソーラーでは、IDECグループは、保有する太陽光発電設備の「システム設計」「最適ハード・ソフト選定」から「施工」「保守・メンテナンス」までを一括提供する「メガソーラー・ワンストップ技術」を提供。シュナイダーエレクトリックは、グローバル市場で培ってきた太陽光発電事業における高い技術力を活かして、日本の法規や風土に適合させた、パワーコンバーター、昇圧変圧器、配電盤などをパッケージ化したサービスを提供した。

今後は案件毎に最適プロジェクトを編成し、太陽光発電の事業者へ安心を提供し「ワンストップ受注」を実現していく。

太陽光発電市場では、長期的展望に基づいた設備建設・運用の確保が課題となっている。両社は、すべての太陽光発電の事業者は「開設時は、クオリティーとコスト、施工期間など」「設備の運用期間である20年間は、スペアパーツやテクニカルサポートの提供・保証などのベストサービス」を望んでいると説明している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.