> > 兵庫県のため池に「フロート式」水上太陽光発電 大阪ガスなどが設置

兵庫県のため池に「フロート式」水上太陽光発電 大阪ガスなどが設置

 印刷 記事を保存

大阪ガス100%子会社であるエナジーバンクジャパン(EBJ)は、兵庫県小野市中島町自治会と共同で、中島町にある前ノ池に、JFE電制の設計・施工により約850kWのフロート式水上太陽光発電を設置すると発表した。

今回の太陽光発電事業は、EBJが独自のファイナンス技術を活用してスキームを構築し、JFE電制はフランス Ciel&Terre社のフロート架台を用いて水上太陽光発電システムの設計を行い、製作・組み立てから性能保証までを請負う。

中島町自治会は事業用地の貸与、用地の維持・管理、ならびに太陽光発電システムの日常目視点検を行う。固定価格買取制度に基づく売電契約はEBJが締結し、EBJが売電により得た収益から中島町に賃借料などを支払う予定。

(※全文:796文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.