> > ボッシュ・GSユアサ・三菱商事 EV向け蓄電池開発で合弁会社設立

ボッシュ・GSユアサ・三菱商事 EV向け蓄電池開発で合弁会社設立

記事を保存

ドイツのボッシュ、GSユアサ、三菱商事の3社は、電気自動車(EV)など電動化車両向けの次世代リチウムイオン電池の開発に取り組む合弁会社を設立し、本年から営業を開始すると発表した。

新会社では、電池性能・技術の革新的な向上により、従来比性能2倍のリチウムイオン電池の開発を目指す。電動化車両にとって、電池の性能向上は1回の充電で走行できる距離の延長につながる。また、性能向上により電池そのものが小さくなることで、電動化車両が消費者にとってより購入しやすいものになっていく。

3社は、車両の電動化は、地球温暖化対策や持続可能な社会の構築に向けた重要な取り組みとなるため、2020年代には電動化車両が市場の主流を占めると確信している。そして、次世代リチウムイオン電池は、電動化車両が2020年代に相応の規模の市場を形成するために欠かせないコンポーネントになると考えている。そこで、次世代リチウムイオン電池の開発で連携することとなった。

新会社の名称は「リチウムエナジーアンドパワー社(Lithium Energy and Power GmbH&Co.KG)」で、本社はドイツのシュトゥットガルトにおく。設立は2013年11月。出資比率は、ボッシュが50%、GSユアサが25%、三菱商事が25%。従業員数はドイツと日本を合わせて約70名。

3社の新会社における役割は以下の通り。ボッシュは電動化車両向けコンポーネント全般を活用しながらこの合弁事業をサポートする。また、電池パックと電池制御システム分野での高度な専門知識を用い、セルとシステム全体のモニター、ならびに制御、および車体本体への組み込みを行う。ボッシュは、この合弁事業において、複雑高度な製品の大量生産に必要な生産プロセスと品質管理面のノウハウで貢献する。

GSユアサは長年培ってきたより長い航続距離を実現する高エネルギー密度の電池セルの製造実績、ならびに原材料・電気化学の研究開発分野において、新会社における次世代リチウムイオン電池の開発に貢献する。また、GSユアサは優秀なエンジニアと車載用・非車載用のエネルギー密度の高い電池セルを製造する最新の生産ラインを有している。これらの知見や経営資源を活用し、次世代リチウムイオン電池の生産・供給においても、新会社に貢献する。

三菱商事は総合商社として培った世界的なマーケティングネットワークと、リチウム資源や材料をカバーするグローバルなバリューチェーンを活用しながら、新会社に貢献する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.