> > 東レ・フジプレアムが共同でメガソーラー 追尾型や封止材などノウハウ蓄積

東レ・フジプレアムが共同でメガソーラー 追尾型や封止材などノウハウ蓄積

 印刷 記事を保存

東レグループの東レエンジニアリング(TEK)とフジプレアム(兵庫県姫路市)は、太陽光発電設備事業の拡大に向けて、合弁会社を設立し、北九州市においてショーケースとなるメガソーラー事業を行うと発表した。

本案件を太陽光発電設備事業において、設備の運用・保守までも含めたノウハウを取得する場として活用し、従来の施工事業からEPC(設計・調達・建設)事業・O&M(運用・保守)事業へと事業範囲の拡大を図る。

合弁会社の名称は北九州TEK&FP合同会社(福岡県北九州市)。資本金は1,000万円で、出資比率はTEKが60%、フジプレアムが40%。設立時期は2013年12月(設立済み)。

新会社では、ひびき灘開発が北九州市若松区内に所有する7haの土地を賃借し、太陽光発電設備の投資を行う。総事業費は約20億円。建設する太陽光発電設備の出力規模は5,783kW。地上設置型5,738kWに加えて、太陽光追尾型45kWを設置する。

(※全文:1,536文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.