> > GE、日本の台風・落雷にも対策した風力発電タービンを発表

GE、日本の台風・落雷にも対策した風力発電タービンを発表

記事を保存
GE、日本の台風・落雷にも対策した風力発電タービンを発表

米GE(ゼネラル・エレクトリック)は、2月26日、風力発電に制約が多い日本の独特な地形でも高い出力を確保できる「風力発電タービン2.85-103」を日本市場に導入すると発表した。本製品は日本各地で発生する雷対策をはじめ、電気事業法や建築基準法にも準拠する設計となっている。

定格出力は2.85MW、ブレード(風車)の直径は103m。1基で日本のおよそ2千世帯に必要な電力を発電することができる。

日本独特の高い乱流状況にも適応し、台風等の高風速や、落雷にも対策を施し、国内法規を順守するため国際規格IEC基準を超える性能を備えている。

GE最大の産業部門であるGEパワー&ウォーター傘下で、再生可能エネルギー事業部門のアン・マッケンティ社長兼CEOは、「私たちGEは今後、日本で風力発電がさらに導入されることを大いに期待しており、日本のために設計された風力発電タービン2.85-103を導入できることを嬉しく思う。このタービンは厳しい風況や乱流状況にも耐えうるように設計され、今まで難しいといわれてきたサイトにも高収益な風力発電所の建設が可能になるだろう」と述べている。

GEは、米国コネチカット州に本社を置き、100カ国以上で事業を展開する世界最大の複合企業。「世界が直面している困難な課題に取り組む企業」を標榜し、人材とテクノロジーを最大限活用して、インフラ構築、電力供給、運輸や医療、金融に関わるソリューションを提供している。日本では、より安全でクリーンなエネルギーの供給や、急速に進む高齢化に対応する医療サービスなどに取り組んでいる。これらの課題を解決するために、技術革新を進め、ステークホルダーと協働して、日本の再生と持続的な成長を目指している。

GEパワー&ウォーターは、風力や太陽光などの再生可能エネルギーをはじめとするエネルギー産業に関連する事業を手がけている。

日本は2005年対比で2020年までに温室効果ガスを3.8%削減するという目標を掲げている。ブルームバーグ・ニューエナジーファイナンスによれば、日本の、水力発電を含む再生可能エネルギー分野は2013年3月末で年間総発電量の9.3%を占めている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.