> > GE、日本の台風・落雷にも対策した風力発電タービンを発表

GE、日本の台風・落雷にも対策した風力発電タービンを発表

 印刷 記事を保存

米GE(ゼネラル・エレクトリック)は、2月26日、風力発電に制約が多い日本の独特な地形でも高い出力を確保できる「風力発電タービン2.85-103」を日本市場に導入すると発表した。本製品は日本各地で発生する雷対策をはじめ、電気事業法や建築基準法にも準拠する設計となっている。

定格出力は2.85MW、ブレード(風車)の直径は103m。1基で日本のおよそ2千世帯に必要な電力を発電することができる。

日本独特の高い乱流状況にも適応し、台風等の高風速や、落雷にも対策を施し、国内法規を順守するため国際規格IEC基準を超える性能を備えている。

(※全文:907文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.