> > ハンファQセルズの太陽光発電モジュール、世界的品質テストで最優秀認定

ハンファQセルズの太陽光発電モジュール、世界的品質テストで最優秀認定

記事を保存

ハンファQセルズジャパン(東京都)は、同社の太陽光発電モジュール製品「Q.PRO-G2」が、太陽光発電品質規格テストの世界的権威である「PHOTON(フォトン)」が実施した2013年度年間モジュール出力テスト「PHOTON Test(フォトンテスト)」において最優秀多結晶モジュールに認定されたと発表した。

PHOTONは、ドイツのアーヘンにオフィスを持つ世界的な太陽光発電研究機関。PHOTON Testは、太陽光発電業界において最も信用されている太陽光発電モジュールのグローバル品質検査テストで、PHOTONの低照度及び低温環境下にあるラボで、発電効率、耐久性、全体品質の総合基準観点から年間を通して綿密に調査を行う。

2013年度 PHOTON Testに参加したのは、世界の太陽光発電事業会社119社から出展された151の太陽光発電モジュール製品。Qセルズの「Q.PRO-G2」は、この年間テストを通じ、実発電量の多さで単結晶を含む全体で4位、多結晶の中では1位という成績を収めた。また、Qセルズは、今回のテストにおいてトップ10に選ばれた優良モジュールのメーカーの中では、唯一の欧州メーカーとなった。

現在、Qセルズが市場展開している太陽光発電モジュールは、今回の2013年度 PHOTON Testで最優秀多結晶モジュールに選出されたモジュールの次世代製品となる。

なお、ハンファQセルズジャパンは、1984年に韓国の大手財閥企業・ハンファグループの日本法人として設立され、太陽光発電モジュールの輸入・販売、太陽光発電システムメンテナンス事業など行っている。ドイツの太陽電池メーカー大手・Qセルズは、2012年にハンファグループの傘下に入っている。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.