> > 産総研、高いPID耐性を持つCIGS太陽電池モジュールを開発

産総研、高いPID耐性を持つCIGS太陽電池モジュールを開発

 印刷 記事を保存

産業技術総合研究所は、18日、太陽電池モジュールの封止材を高分子材料のアイオノマーに替えることで、メガソーラーで起こるPID(電圧誘起出力低下)という劣化現象が起こらない化合物系のCIGS太陽電池モジュールを開発したと発表した。

近年、太陽電池モジュール・システムの出力低下を引き起こすPID現象が問題となっている。今回、産総研では、PIDという劣化現象が、CIGS太陽電池モジュールにおいても起こるかどうかを独自のPID(Potential-induced degradation)試験(AIST法)により検証した。その結果、CIGS太陽電池はシリコン系太陽電池に比べて劣化が大幅に小さく、高いPID耐性をもつことがわかった。出力低下の原因は、太陽電池モジュールの最表面に用いられるガラス基板(カバーガラス)から拡散するナトリウムイオンなどであることを確認した。

(※全文:3,002文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.