> > 栃木県で新たにメガソーラー着工 那須鳥山市の誘致制度で奨励金も6年間交付

栃木県で新たにメガソーラー着工 那須鳥山市の誘致制度で奨励金も6年間交付

記事を保存
栃木県で新たにメガソーラー着工 那須鳥山市の誘致制度で奨励金も6年間交付

オリックスJFEエンジニアリングは、栃木県那須烏山市で、メガソーラー那須烏山上川井太陽光発電所(最大出力13.5MW)の建設に着工したと発表した。

本事業は、那須烏山上川井ソーラー(同2社が共同で事業化を企画し設立した発電事業会社)が複数の地権者から土地を賃借し行うもの。オリックスは、出資金以外に必要な資金の調達などを含むアセットマネジメントを行い、JFEエンジニアリングが発電所の設計・建設を担う。

なお、本発電事業は那須烏山市の企業誘致・立地支援制度により、奨励金が交付される予定だ。本制度は、同市が「誘致地域」と定めた対象地域に、対象業種となる事業設備を新設または増設した場合、3~6年にわたり奨励金の交付が受けられるもの。同設備は、新設で企業立地奨励金の区分であることから、用地賃借料の1割相当の額が、6年間交付されることになる。

同メガソーラー発電所は、2015年4月に完成予定で、発電量は年間14,615,000kWh(一般家庭約4,060世帯分の消費電力に相当)を見込んでいる。設置面積は267,000平方メートル、53,000枚のパネルを設置、発電した電力は全量を東京電力に売電する予定。

【参考】 那須烏山市 - 企業誘致・立地支援制度

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.