> > 独Care-Energy、ネガワット生成のため「屋根借り」太陽光発電

独Care-Energy、ネガワット生成のため「屋根借り」太陽光発電

 印刷 記事を保存

ドイツのグリーン電力供給事業者のCare-Energyは、電力アグリゲーションのサービスとして、無料で設置できる太陽光発電システムを組み合わせたプランを提供する。同社は、このサービスを「どの電力会社を使っていても、現行の電気料金をkWh当たり2セント(約2円)節約することができる」と謳っている。

本サービスの対象となるのは、年間の消費電力量が1万kWh以下の利用者。基本的には、電気使用量をモニターし、ユーザーに電気の利用方法を助言するなどの手段で、kWh当たり2セント削減を実現する。このうち手段の1つとして提示されている、太陽光発電モジュールをセットにしたプランの概要は以下の通り。

(※全文:1,528文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.