> > オリックス、佐賀県有明海の漁協30施設で屋根借り太陽光発電 計2.7MW

オリックス、佐賀県有明海の漁協30施設で屋根借り太陽光発電 計2.7MW

記事を保存
オリックス、佐賀県有明海の漁協30施設で屋根借り太陽光発電 計2.7MW

オリックスは、佐賀県有明海漁業協同組合(以下「JF佐賀有明海」)が所有する海苔加工や集荷施設など計30ヵ所の屋根を借り、合計最大出力2,741kW(2.7MW)の太陽光発電事業を実施する。

JF佐賀有明海は、2007年に有明地区の18漁協が合併して設立され、主に「佐賀のり」の養殖および販売を行っている。有明海沿岸は全国的にも日射量に恵まれており、太陽光発電に適した土地であることから今回の事業締結に至った。

今回の事業では、有明海沿いの大小30施設に10,964枚の太陽光発電パネルを設置予定。年間の予想総発電量は合計約2,866,300kWhで、一般家庭約800世帯分の年間電力消費量に相当する。2014年5月から順次着工し、2014年9月までに全ての施設で運転を開始する予定だ。

屋根借り方式太陽光発電とは、他者が所有する工場や倉庫等の屋根を発電事業者が賃借し、太陽光発電システムを設置して発電する事業のこと。オリックスは、自治体や企業の遊休地を賃借する大規模太陽光発電事業のみならず、顧客の所有する施設を最大限活用することで、効率的な発電の実現をめざす。

顧客側のメリットとしては、資産の有効活用ができることに加え、太陽光発電パネルの遮熱効果により施設内空調の効率性が改善されることがあるとしている。

オリックスは、今後も、再生可能エネルギーをはじめとしたエネルギー関連事業を積極的に展開するとともに、新しい付加価値を提供する方針だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.