> > NTTスマイルエナジー、「未稼働の太陽光発電事業」を稼動させるプロジェクト開始

NTTスマイルエナジー、「未稼働の太陽光発電事業」を稼動させるプロジェクト開始

記事を保存
NTTスマイルエナジー、「未稼働の太陽光発電事業」を稼動させるプロジェクト開始

NTT西日本子会社のNTTスマイルエナジーは、4月3日より太陽光発電事業を開始すると発表した。現在課題となっている「設備認定後に未稼働となっている太陽光発電案件」に対し、同社自らが発電主体となることで稼働を促進する。

事業開始に伴い、太陽光発電案件に総額10億円を投資する、「ご縁ソーラープロジェクト」を開始する。4月1日に本事業全般を行う新規事業部を設置した。同社では、本発電事業を電力小売自由化後の新たなサービス創出を見据えた事業と位置付けている。

具体的には、本事業では、融資不調や事業主体未決定等の理由から未稼働となっている太陽光発電案件等について、同社にて精査を行ったのち、実施可能なものについて設備投資を行い、同社から太陽光発電システム販売事業者へ調達・設計・施工(EPC)等を依頼する。太陽光発電システム販売事業者にはシステムの販売や施工および保守サービスの利用を通じ、長期にわたる連携が期待される。また、土地の所有者は、遊休地の活用(土地の賃貸等)や再生可能エネルギーの普及拡大に貢献することができる。

NTTスマイルエナジーは2011年6月にNTT西日本とオムロンの共同出資により設立。2011年11月よりクラウドを活用した新しい形の太陽光発電遠隔モニタリングサービス「エコめがね」の提供を開始した。太陽光発電システム販売事業者を通じて、家庭や50kW以下の低圧全量買取設備向けに「エコめがね」を提供し、2014年3月時点で「エコめがね」を取り扱う太陽光発電システム販売事業者は600社を超え、顧客のパネル総量は150MWを突破している。

今回開始した太陽光発電事業では、「エコめがね」で培ってきた太陽光発電に関するノウハウを活用するとともに、現在「エコめがね」を取り扱っている太陽光発電システム販売事業者や、その取引先である未稼働案件・遊休地等の所有者と連携し未稼働となっている太陽光発電案件等の情報を収集する。

今後の展開として、本事業をもとに電力小売自由化後を見据えた新たなサービス創出につなげていく。その例として、家庭向け太陽光発電において余剰電力買取期間終了後の発電電力を継続的に買い取る、電力会社による固定価格買取制度の価格にプレミアムを上乗せして買い取る、持ち主のいなくなった発電設備を譲り受ける、その他の小規模な再生可能エネルギーと組み合わせて地域内での電力融通を行う“アグリゲート事業”への展開などをあげている。

電力小売自由化後を見据えた新たなサービス創出を目指す

電力小売自由化後を見据えた新たなサービス創出を目指す

現在、再生可能エネルギーの中でも太陽光発電市場は、固定価格買取制度により堅調な成長を続ける一方、固定価格買取制度の認定を受けながら未稼働となっている太陽光発電設備案件が課題となるなど、当初の計画通りに発電開始されない事例がクローズアップされている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.