> > 香川県のゴルフ場跡地がメガソーラーに 東急不動産などが出資・マネジメント

香川県のゴルフ場跡地がメガソーラーに 東急不動産などが出資・マネジメント

記事を保存

東急不動産(東京都)は、旭パブリックゴルフコース(香川県三豊市)の跡地を活用した大規模太陽光発電プロジェクトへの一部出資及び、プロジェクトマネジメント業務の受託をすると発表した。

同プロジェクトは、再生可能エネルギーの固定価格買取制度を活用し、今年5月閉鎖予定の旭パブリックゴルフコース跡地で発電事業を展開するもの。東急不動産は、事業推進のため設立する合同会社、詫間太陽光発電へ第一生命保険等と共に一部出資をするほか、プロジェクトマネジメント業務を吉田石油店と共に受託。フィナンシャル・アドバイザリー業務は三菱UFJモルガン・スタンレー証券が受託し、事業の推進を図る。東急不動産グループにおける発電事業への参画は初めて。

計画地の面積は約154,000平方メートル、発電容量は約10MW(一般家庭約3,500軒分に相当)、稼働は2015年8月、事業期間は20年の予定。

東急不動産は、クリーンな再生可能エネルギーである太陽光発電により、社会的要請の強い電力安定供給への貢献を図り、遊休地を活用することで地域活性化に寄与するなど、CSR活動を通じて、一層の企業価値向上に努めていきたい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.