> > 太陽光発電にコジェネ・蓄電池を組み合わせ安定出力する新システム

太陽光発電にコジェネ・蓄電池を組み合わせ安定出力する新システム

 印刷 記事を保存

西松建設は、独自に開発したマイクログリッドシステムについて、系統電源からの電力供給の低減や安定化などを目的とした実証用システムを、同社の技術研究所に設置したところ、一定の効果を検証したと発表した。

同実証用システムは平成25年4月から稼動開始し、分散型電源(太陽光発電設備・コージェネレーション設備・蓄電池)と系統電源を組み合わせた供給サイドと、同研究所内の消費サイドをネットワーク化し、変動する需給量を常時監視しながら、特定した負荷(研究所内の照明機器・空調機器)の中から分配可能な接続先を選定し、分散型電源からの電力を供給するものだ。

(※全文:633文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.