> > 水素スタンド普及・促進に向け規制緩和 天然ガススタンドとの距離や鋼材など

水素スタンド普及・促進に向け規制緩和 天然ガススタンドとの距離や鋼材など

記事を保存

経済産業省は、燃料電池車や水素スタンドにおける普及促進策の一環として、様々な技術基準の改正等を行なっており、平成26年4月21付けで、「水素スタンドの設置」や「圧縮水素スタンドに使われる使用可能鋼材の拡大」に関する関係省令の一部を改正した。これにより、燃料電池車及び水素スタンドのさらなる普及、拡大が期待される。

今回、具体的には2つの点が改正された。まずひとつ目は、「圧縮水素スタンドと圧縮天然ガススタンドを設置する際の距離規制の緩和」。これまで、水素スタンドにおいて、両設備を併設する際、災害が発生した場合お互いの設備に被害が及ばないよう、主要な高圧ガス設備間には6mの緩衝地帯を置くことが求められていた。改正では、両設備間に障壁を設置するなど代替措置を行なうことにより、設備どうしの距離を短縮できることになった。これにより、設置できる設備の増加などが期待でき、収益アップも見込まれる。

ふたつ目は、「圧縮水素スタンドの使用可能鋼材の拡大」。これは、平成25年6月に「次世代自動車の世界最速普及」に向けた取り組み事項である「水素スタンドの使用可能鋼材に係る性能基準の設備」に対応したもの。圧縮水素スタンドの使用可能鋼材において、銅系材料C3604、C3771(バルブ・配管として使用が計画されているもの)の温度の使用範囲を明示し、例示基準に追加。さらに、既存のステンレス鋼SUS316、SUS316Lについても、圧力や温度についての使用範囲も拡大した。

この改正により、ガソリンスタンドなどにおいて、既存の圧縮天然ガススタンドに圧縮水素スタンドを併設しやすくなるなど水素スタンドの普及・促進が期待できる。

【参考】
経済産業省 - 燃料電池自動車の普及促進策!圧縮水素スタンド及び圧縮天然ガススタンドの技術基準を改正しました

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.