> > 積水化学、太陽光発電・EV充電システム標準搭載のスマートハウスを発売

積水化学、太陽光発電・EV充電システム標準搭載のスマートハウスを発売

 印刷 記事を保存

積水化学の住宅カンパニーは、木質系スマートハウス「グランツーユー V to Heim(ブイ トゥ ハイム)」を、発売した。まずは東北、関東、中部エリア(積雪・寒冷地域を除く)で販売する。電力会社による確認が取れ次第、順次販売エリアを拡大し、本年度は300棟、次年度は500棟の販売を見込む。

同製品は、住宅メーカーとして初めて、電気自動車(EV)とソーラー住宅(PV)との系統連系システムを標準搭載した住宅商品となる。日産自動車「リーフ」などのEVとの接続ができ、EVから住宅への給電や、PVで発電したエネルギーをEVに蓄電が可能だ。家とクルマに必要なエネルギーの自給自足を目指し、「環境性」、「経済性」、「停電時の安心」が特長となるスマートハウスだ。

(※全文:1,032文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.