> > 積水化学、太陽光発電・EV充電システム標準搭載のスマートハウスを発売

積水化学、太陽光発電・EV充電システム標準搭載のスマートハウスを発売

記事を保存
積水化学、太陽光発電・EV充電システム標準搭載のスマートハウスを発売

積水化学の住宅カンパニーは、木質系スマートハウスグランツーユー V to Heim(ブイ トゥ ハイム)」を、発売した。まずは東北、関東、中部エリア(積雪・寒冷地域を除く)で販売する。電力会社による確認が取れ次第、順次販売エリアを拡大し、本年度は300棟、次年度は500棟の販売を見込む。

同製品は、住宅メーカーとして初めて、電気自動車(EV)とソーラー住宅(PV)との系統連系システムを標準搭載した住宅商品となる。日産自動車「リーフ」などのEVとの接続ができ、EVから住宅への給電や、PVで発電したエネルギーをEVに蓄電が可能だ。家とクルマに必要なエネルギーの自給自足を目指し、「環境性」、「経済性」、「停電時の安心」が特長となるスマートハウスだ。

環境性

これまで、EVから住宅への電気利用には、電力会社からの電気を一時遮断するなどの制約があったが、これらを解消し、EVを住宅用蓄電池として本格的に活用できるようにした。PVとEVを最適に連携させることで、住宅全体で使う年間エネルギーのうち最大約75%まで自給することが可能だ。

また、大容量PVの発電エネルギーをEVの大容量蓄電池に貯め、生活や自動車走行に利用することで家とクルマが排出するCO2を大幅に削減し、北海道レベルの断熱性能を標準仕様とする木質系2×6ユニット工法「グランツーユー」による環境性能との相乗効果により、CO2排出量を計算上ゼロ以下にすることも可能となる。

エネルギー自給率比較

エネルギー自給率比較

経済性

発電エネルギーの積極的な売電と安価な深夜電力をEVへ蓄電して朝晩に活用することで、年間約68万円の家計支出削減効果を見込む。

年間光熱費比較

年間光熱費比較

停電時の安心

停電時、非常用電源として、EVの電気を使い切ってもなお、PVからの再充電により再びEVを電源として利用でき、数日に及ぶ大規模停電が発生した場合でも家電が連日使用できる。また、高出力(最大6,000W)の電力利用が可能で、エアコンやエコキュート、IH調理器が利用でき、ほぼ日常生活と変わらぬ暮らしができる。

同社は2020年までに政府が普及を目指す「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」の補助金対応仕様(平成25年度)を標準化した"未来基準の家"「ミライ・クラス」シリーズや、家庭で使用するエネルギーの自給自足を目指し、10kW以上の太陽光発電システムが搭載可能な「スマートパワーステーション」シリーズを昨年発売するなど、省エネや創エネ性に優れた住宅を展開してきた。

同社は今後も「大容量PV+スマートハイム・ナビ+EV」の新3点セットの提案により、環境性能を強化した住宅を展開する構えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.