> > 埼玉県美里町、耕作放棄地をメガソーラー規模のソーラーシェアリングに

埼玉県美里町、耕作放棄地をメガソーラー規模のソーラーシェアリングに

 印刷 記事を保存

埼玉県美里町で、20日、耕作放棄地において、メガソーラーを活用して発電を行いながら同時に農業も行うソーラーシェアリング(営農型太陽光発電設備)の事業がスタートした。同県では初めての取り組みとなる。

上田清司埼玉県知事は、本事業について「営農し、なおかつ太陽光発電パネルを活用して売電を行う、さらには耕作放棄地の解消にもつながるという、一石三鳥のアイデア」と話している。

(※全文:725文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.