> > 宝塚市、「市民参加型」太陽光発電所を運営したい事業者を募集

宝塚市、「市民参加型」太陽光発電所を運営したい事業者を募集

記事を保存
宝塚市、「市民参加型」太陽光発電所を運営したい事業者を募集

宝塚市は、市民発電所の施工及び運営に関して、事業者からの公募型プロポーザル方式による提案募集を開始した。今回、太陽光発電設備を設置するのは、「宝塚市立美座小学校校舎屋上部分」と「宝塚市山手台東1丁目4番491地先の一部(公募面積22,509平方メートル)」。

応募事業者の対象は、宝塚市内に本社または事務所を置く法人。設置する太陽光発電システムの定格出力は、両場所ともに10kW以上50kW未満。事業実施にあたっての条件として、停電時に市へ電力供給を行う設備の導入(100点中10点)や、地域貢献に関する提案(同15点)のほか、資金調達などで宝塚市民が参加できる仕組み(同15点)を含んだ提案が必要となる。なお、市は1カ所につき、総事業費の10%以内の額(上限250万円)を助成する。

5月12日に宝塚市役所で事前説明会、5月13日に現地説明会を実施。参加申込書の提出期限は年5月15日。事業計画書提出期限は6月20日。結果通知は7月中旬。竣工(発電設備稼働)は平成27年3月末まで。

宝塚市は、固定価格買取制度施行に伴い、再生可能エネルギーの利用を積極的に推進し、災害時等における市民の安全確保、市内経済の活性化を目的に、公共施設の屋根及び市有地を貸し出す「市民発電所設置モデル事業」を行っている。今回、より多くの市民や事業者が参画できるモデルとして、市民発電所における事業者からの提案を募集することとなった。

【参考】
宝塚市 - 市民発電所設置モデル事業に係る公募型プロポーザルを実施します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.