> > ミドルソーラーを建設する個人向け無担保ローンが登場 最高1500万円融資

ミドルソーラーを建設する個人向け無担保ローンが登場 最高1500万円融資

記事を保存

東邦銀行(福島県)、ジャックス(東京都)は、発電出力10kW以上50kW未満の太陽光発電システムを導入する個人向けの「東邦・太陽光発電システムローン」の取り扱いを開始した。

同商品は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)を利用し、太陽光発電システムによる電力を全量売電する個人を対象とするもの。借入期間を最長20年、借入金額を最高1,500万円、無担保扱いとし、長期にわたる太陽光発電計画を安定的にサポートする。

利用者の条件は(1)申込時の年齢が満20歳~65歳以下、かつ完済時の年齢が81歳以下であること、(2)勤続年数が2年以上、かつ安定・継続した収入が見込めること、(3)原則として、団体信用生命保険に加入できること、(4)過去に不渡り延滞等の事故がなく、ジャックスの保証が受けられること、(5)東邦銀行の営業区域内に住んでいる、または勤務していること。

借入金額は100万円以上、1,500万円以内(1万円単位)だが、自営業者は上限額が1,000万円となる。なお、融資利率は東邦銀行所定の利率で、返済は元利均等毎月返済。

東邦銀行では、本商品の活用で地域の環境保全と地域経済の持続的な成長をサポートするとしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.