> > 東芝、昔フロッピーディスクを作っていたクリーンルームを植物工場に転用

東芝、昔フロッピーディスクを作っていたクリーンルームを植物工場に転用

記事を保存
東芝、昔フロッピーディスクを作っていたクリーンルームを植物工場に転用

東芝は、15日、遊休施設を活用した閉鎖型の植物工場東芝クリーンルームファーム横須賀」(神奈川県横須賀市)において、長期保存できる無農薬の野菜生産を事業化すると発表した。本年度上期中には出荷を開始し、年間3億円の売り上げを見込む。

さらに、本年度中には海外に新たに大規模な植物工場を建設するとともに、植物工場向け機器やシステムの販売を開始し、事業拡大を目指す。

同社は野菜生産の事業化に向けて、かつてフロッピーディスクを製造するために使用していたクリーンルームを活用し、葉物野菜を栽培する植物工場に転用する工事を同日から開始した。

同社所有建屋の4階フロアにあるクリーンルームを転用した植物工場の延床面積は1,969平方メートル。栽培品目はリーフレタス、ベビーリーフ、ホウレンソウ、ミズナ、スプラウト。生産規模は300万株/年(レタス換算)。

本植物工場では、植物育成向けに光の波長を最適化した蛍光灯、均一な温度・湿度の環境を実現する空調機器、栽培状況を把握するための遠隔監視システム、梱包材などを消毒する除菌システム、半導体事業で培った生産管理技術など、同社が持つ幅広い技術、ノウハウを採用している。

出荷される野菜は菌の侵入を制限したクリーンルームで育成されることから、ほぼ無菌状態を実現。植物工場で生産される野菜に付着している雑菌数は土耕野菜と比べて1/1000程度に抑制されるという。雑菌による傷みが少なく長期保存が可能。高い鮮度が長期的に求められるカット野菜やサラダ用をターゲットとし、スーパー、コンビニエンスストア、飲食業者などを中心に販路を拡大していく。また、育成環境を制御することで、ポリフェノールやビタミンCを豊富に含んだ機能野菜を市場ニーズに応じて提供する予定。

同社は、同社グループの広範囲な技術を融合してヘルスケア事業を展開している。CTシステムなどの画像診断装置を中心とする「診断・治療」分野に加え、食、水、空気などの生活環境を整備する健康増進分野へも注力しており、今回、植物工場において野菜生産を事業化する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.