> > シャープ、太陽光発電モジュール出荷量で5年ぶりの世界トップに

シャープ、太陽光発電モジュール出荷量で5年ぶりの世界トップに

記事を保存
シャープ、太陽光発電モジュール出荷量で5年ぶりの世界トップに

シャープの出荷量とランキングの推移
出典: NPD Solarbuzz Module Tracker Quarterly

米国のソーラーバズ(NPDグループ、太陽光発電業界のマーケティングリサーチ会社)は、シャープが2014年度の第一四半期において太陽光発電モジュール出荷量でトップとなったことを、今月14日に発表した。同社が首位に立つのは5年ぶり。

シャープは、1963年から2008年の45年間にわたり太陽光発電業界のトップを維持してきた。しかし、中国の生産能力が拡大し、その後の2009年の第4四半期から2013年まで、米国のファーストソーラーと中国のPVメーカーが業界ランキングの上位を占めていた。今回シャープが首位に立ったことで、中国系モジュールメーカーの連続記録が破られた。

同社のアナリストはこの要因を、シャープの日本市場における堅調な季節需要があったことと、中国や台湾の企業から外部調達することでフレキシブルに出荷量を増やし需要に対応したことで好結果につながったと分析する。また、このようにアウトソーシング戦略を用いて短期的な商機の変化に対応する「ファブライト」と呼ばれるビジネスモデルの有効性が証明されたと述べている。

シャープはかつて業界リーダーとして君臨していた期間、自社でセルやモジュールを生産する垂直統合戦略を推進していた。しかしここ数年は、主に中国や台湾を拠点とするパートナー企業に生産を外部委託し、販売業務に重点を置くようになっている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.