> > 産総研、砂から有機ケイ素を製造する新技術を開発

産総研、砂から有機ケイ素を製造する新技術を開発

 印刷 記事を保存

産業技術総合研究所は、ケイ素化学産業の基幹原料の一つで、自動車・太陽光発電用部材などさまざまな用途に使用される有機ケイ素材料の原料として有望な「テトラアルコキシシラン」を効率的に製造する技術を開発した。

砂の主成分であるシリカとアルコールとの反応により、従来の金属ケイ素を経由する製造工程が不要になり、砂から有機ケイ素原料を直接製造することが可能になった。この成果により、高機能な有機ケイ素部材の製造を省エネルギー化することで、同材料を用いた多様な製品の低コスト化に寄与し、有機ケイ素材料の利用拡大が期待される。

この技術の詳細は、5月22~23日に東京国際フォーラム(東京都千代田区)で開催される「第3回 JACI/GSCシンポジウム」で発表される。

(※全文:304文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.