> > 東北大、新しいリチウムイオン伝導体を開発 蓄電池が全個体化でより安全に

東北大、新しいリチウムイオン伝導体を開発 蓄電池が全個体化でより安全に

記事を保存
東北大、新しいリチウムイオン伝導体を開発 蓄電池が全個体化でより安全に

東北大学大学院工学研究科の高村仁教授と宮崎怜雄奈博士(現:物質・材料研究機構研究員)らのグループは、全固体電池のための新しいリチウムイオン伝導体KI-LiBH4を開発した。

リチウムイオン蓄電池はモバイル機器や、電気自動車、非常用電源などに広く利用されているが、その動作電圧が約3.8Vと高いことから、可燃性の有機溶媒が使用されており、火災や発火事故が起こりうる問題を抱えている。そこで、有機溶媒に代わり不揮発性・不燃性の固体電解質を用いて、安全な全固体電池の開発がすすめられてきた。

同研究では岩塩型構造のLiBH4に着目して新規材料開発がおこなわれた。岩塩型構造LiBH4は、200℃以上、かつ、4万気圧以上の極限状態でのみ存在するが、同開発により常温常圧下において合成に成功した。

  また、同研究グループは、この研究手法が他の材料系についても応用可能なアイディアであり、まだ構造安定化が実現されていない高イオン伝導性材料を得る可能性にもつながるとの見解を示している。

【参考】
東北大学 - 全固体電池のための新しいリチウムイオン伝導体、KI-LiBH4を開発 (PDF)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.