> > NEDO、米国でのスマートグリッド実証を終了 再エネの出力変動調整などで成果

NEDO、米国でのスマートグリッド実証を終了 再エネの出力変動調整などで成果

記事を保存

NEDOは、日米共同プロジェクトとして、2009年度から米ニューメキシコ州で取り組んできた海外初のスマートグリッド実証事業が終了し、一定の成果を得たと発表した。

この実証事業は、NEDOの「スマートコミュニティ海外実証プロジェクト」の第1号で、ニューメキシコ州内の2サイトにおいて、同州政府や米エネルギー省傘下の国立研究所などと共同で実施。大量の再生可能エネルギーを配電系統に導入した場合の課題解決などを目的に、日本のスマートグリッド関連技術を実証、一定の成果を得た。

本実証の成果の詳細については、6月18日から東京ビッグサイトで開かれる「スマートコミュニティサミット2014」で発表する。実証事業の概要と主な成果は以下の通り。

実証事業の概要

ニューメキシコ州のロスアラモス郡とアルバカーキ市の2カ所で、スマートグリッドに関する実証を行った。

  • ロスアラモス郡における実証事業
    需要約2~5MW規模の配電フィーダー(送電線)に1MWの太陽光発電を導入した系統におけるスマートグリッド実証を実施。具体的には、1.8MW規模の蓄電池を利用した太陽光発電の変動吸収運転可能なマイクログリッド運用の実証、モデルスマートハウスを使った系統側の太陽光発電の余剰を住宅レベルの蓄電池で吸収する電力系統とHEMSの協調運転などを実証した。また、このエリアの約900軒の住宅が参加したデマンドレスポンス実証を引き続き行っている(2014年度末まで)。
  • アルバカーキ市における実証事業
    新開発エリア(メサデルソル)に建設された既存ビルに、ガスエンジン、リン酸形燃料電池、蓄熱層などを導入し、電力を自活できるマイクログリッドとして運用できるビルを構築。さらに系統停電時には、独立して電力供給可能な供給信頼度の高いビルシステムの実証を実施した。併せて、米国側が導入した500kWの太陽光発電の出力変動をビルの分散電源で緩和する実証も行った。

主な成果

  1. ロスアラモスでは再生可能エネルギー(太陽光)の大量導入に伴う発電量の変動を、EMSによりNAS電池と鉛電池を連携制御して吸収し、マイクログリッドの境界での潮流を一定に制御することを実現した。米国内に2,000社はあると言われる中小配電事業者は、電力卸売市場から時間帯別に価格変動する電力、予備力を購入しており、このEMS技術を利用することで安い時間帯に電力を購入できることなどにより経済性が出ることになる。
  2. 米国では初めて民生業務用ビルのマイクログリッド化による無瞬断での自立運転移行を実現した。安価なシェールガス普及の中、ガスエンジン等を利用し、電力を自活できるビルモデルのビジネス展開が期待される。
  3. 「見える化」主体のHEMSより発展した、分散電源や蓄電池を持つ家を自動制御するHEMSが、電力会社のEMSの要求(料金信号および負荷制御信号)を考慮しながら連携制御する実証を実現した。市販されている見える化主体のHEMSの発展系とされる、自動化HEMSに導入される技術を先取りして確立できたことで、オンサイト電源(PV)の増加に伴う地産地消化ニーズの高まる際に市場導入が期待される。

成果の詳細をスマートコミュニティサミット2014

上記は成果の一部であり、19社の委託先によってその他多くの成果が上げられており、具体的な成果については、スマートコミュニティサミット2014にて委託先各社より発表される。

【発表日程】

  1. 日時:平成26年6月19日(木) 13時00分~17時05分
  2. 会場:東京ビッグサイト(東京国際展示場)会議棟レセプションホールA
  3. 【参考】
    NEDO - 米ニューメキシコ州で実施のスマートグリッド実証事業が終了

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.