> > 集合住宅でのデマンドレスポンス ピーク電力が夏季58%、冬季49%に

集合住宅でのデマンドレスポンス ピーク電力が夏季58%、冬季49%に

 印刷 記事を保存

東京ガスは、「集合住宅版スマートハウス実証試験」の新たな試みとして、2013年度の電力ピーク時の節電を実施した。同実証実験で、デマンドレスポンスにより夏季58%、冬季49%の大幅な電力削減に成功したと発表した。

デマンドレスポンスは、時間帯別に電気料金設定を行ったり、ピーク時に使用を控えた消費者にインセンティブを支払うなどの方法で、使用抑制を促し、ピーク時の電力消費を抑え、電力の安定供給を図る仕組みのこと。

(※全文:1,024文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.