> > 風力発電機のバードストライクを防ぐ 3Dレーダー技術の開発に国が支援

風力発電機のバードストライクを防ぐ 3Dレーダー技術の開発に国が支援

 印刷 記事を保存

アジア航測は、キーコム、エックス都市研究所との共同で提案した、「3Dレーダ技術を活用したバードストライク対策システムの開発・実証」が、環境省「平成26年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」に採択されたと発表した。

同技術開発・実証は、風力発電施設(風車)に接近する希少猛禽類等を高精度3Dレーダで捕捉し種を識別、同時に衝突リスクを分析するシステムを開発・実証するもの。リスク値が一定値を上回る場合には、風車の回転制御等を行い、バードストライクを回避する。

(※全文:818文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.