> > 風力発電機のバードストライクを防ぐ 3Dレーダー技術の開発に国が支援

風力発電機のバードストライクを防ぐ 3Dレーダー技術の開発に国が支援

記事を保存
風力発電機のバードストライクを防ぐ 3Dレーダー技術の開発に国が支援

アジア航測は、キーコム、エックス都市研究所との共同で提案した、「3Dレーダ技術を活用したバードストライク対策システムの開発・実証」が、環境省「平成26年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」に採択されたと発表した。

同技術開発・実証は、風力発電施設(風車)に接近する希少猛禽類等を高精度3Dレーダで捕捉し種を識別、同時に衝突リスクを分析するシステムを開発・実証するもの。リスク値が一定値を上回る場合には、風車の回転制御等を行い、バードストライクを回避する。同社は、このうち種識別および衝突リスク評価システムの開発・実証等を行う予定。開発・実証期間は平成26年度から平成28年度の3カ年を想定している。

従来までの風力発電施設の設置については、猛禽類をはじめとした鳥類が風力発電施設のブレードに衝突し死亡する事故(バードストライク)が生じており、野生生物保全と風力発電推進の両立を目指す上での課題とされている。この課題に対しては、環境省が主体となり、風力発電の推進と希少な野生生物保護との両立を図るため様々な取り組みが継続中だ。

今回、採択されたアジア航測の技術開発は、バードストライクに対する抜本的な対策技術を確立することで、環境アセスメントの迅速化、生物多様性保全等への貢献を目指す。これらにより、風力発電の普及を促進し、CO2排出量削減のみならず、我が国のエネルギーセキュリティの向上にもつながるものとされ、従来までの風力発電設置・継続における問題点の解消が期待されている。

環境省の「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」は、将来的な地球温暖化対策の強化につながる、優れた民間技術の開発・実証を主導するもの。今回の公募ではアジア航測ほか5件が採択された。

【参考】
環境省 - 平成26年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業の採択案件について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.