> > 富士電機、トップランナー制度対応のモータを発売 モータ損失3割減

富士電機、トップランナー制度対応のモータを発売 モータ損失3割減

 印刷 記事を保存

富士電機は、トップランナー制度に適合した新「低圧三相プレミアム効率モータ」を発売した。同製品は、低損失な電磁鋼板の採用、巻き線量を増やすために固定子鉄芯の溝形状を最適化するなどにより、同社従来製品に対してモータ損失を30%削減し、消費電力量の削減を図った。

また、周囲温度-30℃~+50℃で使用でき(従来製品;-20℃~+40℃)、目的に合わせて様々な場所に設置できる。

(※全文:611文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.