大阪府、エコカーの新技術開発への助成7件選定 水素タンク用のゴム材料など

  • 印刷
  • 共有

大阪府は、中小企業・ベンチャー企業等によるEV(電気自動車)やFCV(燃料電池自動車)分野の取組みを総合的に支援する「次世代電動車両等開発プロジェクト」において、6件の助成対象事業を決定した。助成金の交付予定額は27,920千円。

大阪府は「今年度の助成事業は、新規性や革新性が高く、新規の市場開発や事業化に近いことが特徴」とコメントしている。今後、広域支援機関である大阪府立大学次世代電動車両開発研究センターをはじめとした関係機関等と連携し、各案件の事業化を支援していく。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事