> > 2025年、国内の水素燃料市場は5228億円・水素ステーション950件に 民間予測

2025年、国内の水素燃料市場は5228億円・水素ステーション950件に 民間予測

 印刷 記事を保存

富士経済は、燃料電池車(FCV)などで利用される水素燃料と、水素ステーションをはじめとする水素供給インフラや関連機器といった水素燃料関連の国内市場を調査した結果を発表した。

これによると、水素燃料関連の国内市場は、2025年度は5,228億円となり、2015年度予測(291億円)比の18倍となる見込み。

水素ステーションについては、FCVの量産モデルが投入され、年間の販売台数が10万台に達する2020年度以降、活発化し、2025年度には年間で150件(金額ベースでは401億円)が建設され、累計で950件の水素ステーションが稼働すると予想する。

(※全文:2,159文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.