> > 千葉県に国内最大級の屋根借り太陽光発電 物流施設屋上でメガソーラー

千葉県に国内最大級の屋根借り太陽光発電 物流施設屋上でメガソーラー

記事を保存
千葉県に国内最大級の屋根借り太陽光発電 物流施設屋上でメガソーラー

ロジポート流山全景

日本ベネックス(長崎県)は、ラサール不動産投資顧問(東京都)が組成した特別目的会社が保有する千葉県流山市の物流施設「ロジポート流山B棟」の屋根の賃貸借契約を締結し、メガソーラー「ベネックス流山ソーラーポート」の建設に着工した。

ロジポート流山は、常磐自動車道流山ICに隣接する敷地面積59,233.33平方メートル、延べ床面積143,355.85平方メートル、高さ約30メートルの5階建の大規模物流施設。同施設の屋上屋根(23,592.40平方メートル)に8,304枚の太陽電池モジュールを設置する。

出力は2,283.6kWで、単独物件の屋根借りメガソーラーとしては日本最大級の出力となる見込み。稼働・売電開始は今年10月の予定。なお、設置費用は十八銀行(長崎県)より借入を行う。

日本ベネックスは、精密板金加工をコア技術に電子・電気機器、産業機器、環境機器の製造を手がけている。2012年に太陽光発電事業に参入し、EPCとしてシステム設計、系統連系諸手続き、機器調達、施工、保守管理まで一貫したサービスを提供している。また、製造業者としての経験を生かし、パワーコンディショナ屋外収納盤や集電箱など一部機器を自社製造することで他社との差別化を図っている。2013年には分譲型太陽光発電所の販売事業に参入し、宮崎市で5区画の太陽光発電所を販売し完売した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.