> > オリックスの地熱発電事業 初期調査に約3か月、物理探査に約7か月

オリックスの地熱発電事業 初期調査に約3か月、物理探査に約7か月

 印刷 記事を保存

オリックスは、出力2MW程度の小規模地熱発電所の建設を検討している北海道函館市及び青森県下北郡風間浦村において、地熱発電の事業化に向けた調査を開始した。北海道函館市では地熱発電調査の第一段階となる「初期調査」、青森県下北郡風間村では第二段階となる「物理探査」を行う。

今回は、石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)による地熱資源開発調査事業費助成金の採択を受け、事業性の検証のための調査を実施する。

調査の概要は以下の通り。

(※全文:660文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.