> > 横浜でベンツを乗り捨てレンタル EVのワンウェイ型カーシェアリング開始

横浜でベンツを乗り捨てレンタル EVのワンウェイ型カーシェアリング開始

記事を保存
横浜でベンツを乗り捨てレンタル EVのワンウェイ型カーシェアリング開始

メルセデス・ベンツ日本(MBJ)は、オリックス自動車、アマノとともに、9月1日より、神奈川県横浜市内で、同社のマイクロコンパクトカー「スマート EV」を使用した、国内初のワンウェイ(乗り捨て)方式のカーシェアリングを開始する。

9月に開始するカーシェアリングサービスの名称は「スマート ワンウェイ カーシェアリング」(愛称「smaco」)。本サービスは、本年3月27日付け国土交通省通達「いわゆるワンウェイ方式のレンタカー型カーシェアリングの実施に係る取り扱いについて」に基づき、9月1日からの運用開始に合わせて全国で初めて取り組むもの。また、本サービスは横浜市の「横浜・低炭素交通プロモーション」に選定された。今後、低炭素交通の普及・啓発を併せて行う。

本サービスでは、電気自動車「スマート EV」を20台導入し、アマノグループが管理する横浜市内全8カ所の駐車場を拠点に、オリックス自動車がカーシェアリングサービスを提供する。期間は2015年3月31日までの7カ月間で、顧客の利用状況や要望などを検証する。

ワンウェイ方式のカーシェアリングが普及することにより、通勤や観光などの目的で公共交通機関とカーシェアリングを組み合わせる「パーク&レールライド」の利便性がさらに向上し、不要不急な車の利用を抑えることで、渋滞の緩和やCO2排出量の削減効果が期待される。また、目的地近辺での駐車場料金の負担が不要になるとともに、実際の車の利用時間に合わせたカーシェアリング利用料金の支払いが可能となる。

横浜市内8カ所の「オリックスカーシェア」サービスのステーションで貸出、返却ができる

横浜市内8カ所の「オリックスカーシェア」サービスのステーションで貸出、返却ができる

なお、MBJは、「スマート EV」の特別仕様車「smart fortwo electric drive edition black & white」を全国80台限定で、24日より発売を開始した。メーカー指定点検整備を無料で提供するキャンペーン等を適用し拡販を図る。

限定販売を開始したスマートEVの特別仕様車はスマート電気自動車をベースに、シンプルかつモダンなスタイリングに仕上げた。メーカー希望小売価格は302万円(消費税込)。外装色はブラックとホワイトの2色。

特別仕様車「smart fortwo electric drive edition black & white」

特別仕様車「smart fortwo electric drive edition black & white」

「スマート」は、「最小限のボディサイズで最大限の利便性、快適性、安全性、環境適合性」をコンセプトに、メルセデス・ベンツのクルマ作りのノウハウを活かして開発されたマイクロコンパクトカー。「スマート EV」は、2012年に欧州メーカーとして初めて日本市場で発売した量産型の電気自動車。

「スマート EV」は、最高出力55kW、最大トルク130Nmを発生する電気モーターを搭載し、最高速度120km/h以上を達成、電気モーターならではの爽快な動力性能を発揮する。またリチウムイオンバッテリーのエネルギー容量は17.6kWhで、フル充電で181km(JC08モード走行)の航続距離を実現。充電時間は0%から100%まで約8時間(EV充電用AC200Vコンセントを使用の場合)。急速充電には対応していない。

同社は、都市交通に最適な形を目指して開発されたスマートEVを提供することでカーシェアリングに参画し、新しいモビリティとEVの可能性を模索する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.