> > 愛媛県の風力発電計画も「騒音・影・鳥類などへの配慮を」 環境大臣意見

愛媛県の風力発電計画も「騒音・影・鳥類などへの配慮を」 環境大臣意見

記事を保存

環境省は、愛媛県西予市でシグマパワージャネックス(福岡県)が計画している風力発電計画「西予ウインドシステム発電事業」に係る「計画段階環境配慮書」に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出した。

環境大臣意見では、稜線部を新たに改変することから森林の改変が最小限となるよう配慮すること、騒音や鳥類に係る他事業者の風力発電所との累積的な影響に配慮すること等を求めている。

今後、経済産業大臣からシグマパワージャネックスに対して、環境大臣意見を勘案した意見が述べられ、同社は、意見の内容を検討した上で事業計画を決定し、事業段階の環境影響評価(環境影響評価方法書、準備書、評価書)を行うこととなる。

同事業は、総出力4万kW(2,000~3,000kW級発電設備を14~20基程度)の風力発電設備を設置するもの。事業実施想定区域及びその周辺は、サシバやハチクマ等の猛禽類の渡り・生息が確認されている。また、他事業者による風力発電所が環境影響評価手続中であることから、累積的な環境影響が懸念される。

今回提出された環境大臣意見の概要は以下の通り。

(1)騒音の影響

事業実施想定区域周辺には、住居地域が存在し、別の風力発電所との累積的な環境影響が懸念されることから、住居地域への影響を回避、低減するよう配慮すること。

(2)風車の影の影響

事業実施想定区域周辺には、住居地域が存在し、風車の影に係る環境影響が懸念されることから、住居地域への影響を回避、低減するよう配慮すること。

(3)鳥類に対する影響

事業実施想定区域及びその周辺は、サシバやハチクマ等の猛禽類の渡り・生息が確認されていることから、専門家等からの助言を踏まえた上で、鳥類に対する重大な環境影響を回避するよう配慮すること。また、別の風力発電所との鳥類に係る累積的な環境影響について予測及び評価を行うこと。

(4)水生生物に対する影響

工事の実施による渓流等への土砂や濁水の流出に伴い水生生物への影響が懸念されることから、可能な限り土工量を抑制し、流出等を回避するよう配慮すること。

(5)生態系に対する影響

尾根部の森林伐開を避け、新たに生じる林縁部分が最小限となるように配慮するとともに、森林の改変が最小限となるよう配慮すること。

(6)発生土の影響

発生土の発生量を抑制するとともに、土捨場は、動植物の生息・生育地等を回避するよう配慮すること。

「環境影響評価法」および「電気事業法」は、出力10,000kW以上の風力発電所の設置または変更の工事を対象事業としており、環境大臣は、提出された計画段階環境配慮書について、経済産業大臣からの照会に対して意見を言うことができるとされている。なお、計画段階環境配慮書は、配置・構造または位置・規模に係る事業の計画段階において、重大な環境影響の回避・低減についての評価を記載した文書。

【参考】
環境省 - 西予ウインドシステム発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.