> > 三菱重工の高効率ガスエンジン(2,000kW級) 発電効率44.7%に

三菱重工の高効率ガスエンジン(2,000kW級) 発電効率44.7%に

 印刷 記事を保存

三菱重工業は、NEDOのプロジェクトにおいて、高速ガスエンジンとして世界最高クラスの発電効率を達成する発電出力2,000kW級の16気筒高速ガスエンジンを開発した。2段過給やミラーサイクルなどの技術を採用することにより、発電・コージェネレーション向け高速ガスエンジン発電設備としては最高クラスとなる44.7%(低位発熱量基準)以上の高い発電効率を実現した。

今年9月からプロトタイプ機による出力、効率等の各種性能試験を実施し、分散型電源用途をはじめ、常用自家発電・コージェネレーション用途、各種災害に備えた非常・緊急対応電源などとして、実用化を目指す。

また、同社は、今回開発した16気筒モデルを皮切りに、750~3,000kWの出力範囲で6~24気筒モデルを開発し、順次ラインアップを充実させ、シリーズ化していく予定。これにより、国内外の分散型電源や常用自家発電・コージェネ、各種災害に備えた非常・緊急対応電源などに向けたさまざまなニーズに対して、適応範囲を広げていきたい考えだ。

今回の成果のポイントは以下の通り。

(※全文:1,341文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.