> > 太陽光発電パネル、重機に付けたブラシで洗浄 メンテナンスが低コストに

太陽光発電パネル、重機に付けたブラシで洗浄 メンテナンスが低コストに

記事を保存
太陽光発電パネル、重機に付けたブラシで洗浄 メンテナンスが低コストに

太陽光発電関連のベンチャーであるGolden Leaf-Works(東京都江東区)は、地上設置型の太陽光発電設備に特化したパネル洗浄サービスを、8月1日より開始した。

このサービスでは、建設機械に洗浄ブラシを装着し、長いアームを利用して太陽光発電パネルを洗浄する。洗浄ブラシは、バックホーを中心とする建設機械やアタッチメント部品を取り扱う、イタリアU.Emme社の製品を使用している。

機械を使って洗浄を行うため、平地であれば1日に1.5~2.0MWのパネルを洗浄することができ、価格も安く設定できるために、一年に二回(春・秋)洗ったとしてもメンテナンスコストを年間売電額の10%未満に抑えることができるという。

本サービスを利用することで、パネルの汚れによる発電効率低下を解決し、FIT(固定価格買い取り制度)の期間に発電効率の良い状態を保つことが可能となる。

Golden Leaf-Worksの太陽光発電パネル洗浄サービス

予定価格(税別)は1MW未満のパネルが1MWあたり90万円、5MW以上が1MWあたり70万円。なお、対象は地上設置型に限る。

Golden Leaf-Worksは2014年4月の設立。太陽光発電の設計・施工・メンテナンスを手がける。今まで設計や施工で培った技術を通じて蓄積されたノウハウをもとに、本サービスを開始した。

同社では、今後、第三者機関に依頼して、本サービスで使用する機器による太陽光発電パネルの洗浄テストも行っていく予定だ。なお、本サービスの詳細に関する問い合わせ・申込みは、同社フェイスブックのページで受け付けている。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.